加賀市のおもてなし喫茶メニュー

加賀パフェ

image

加賀パフェとは?

5層パフェ
加賀市のおもてなし喫茶メニュー(3時のおやつ)として開発した地産地消5層パフェ。加賀九谷野菜トッピング・ブロッコリーアイス・味平かぼちゃアイス・温泉卵・ポン菓子・野菜スポンジケーキ・はちみつ生クリーム・色鮮やかなゼリー・名物菓子「吸坂飴」オリジナルソース等を使った、各店こだわりのオリジナルパフェです。献上加賀棒茶付きで、今回のメニューのために地元作家が新たに作り下ろした山中漆器(半月型お盆)と九谷焼(パフェグラス皿・ソースカップ)も使用しています。

[英語表記] KAGA Parfait

[ルール]

①正式名称は「加賀パフェ」とする
②英語表記は「KAGA Parfait」とする
③加賀市産の加賀九谷野菜(ブロッコリー・味平かぼちゃなど)、牛乳、お米、はちみつ、吸坂飴、献上加賀棒茶等を使用する
④パフェは5層とし、その上にトッピングをのせる
⑤パフェの1層目(底から数える)は「色鮮やかなゼリー」とする
⑥パフェの2層目は「はちみつ生クリーム」とする
⑦パフェの3層目は「野菜スポンジケーキ」とする
⑧パフェの4層目は「ポン菓子」とする
⑨パフェの5層目は「ブロッコリーアイス・味平かぼちゃアイス・温泉卵など」とする
⑩パフェのトッピングは「加賀九谷野菜など」とする
⑪パフェの内容は季節によって変わる場合もある(特に1層目・3層目・トッピング)
⑫名物菓子「吸坂飴」を使った各店こだわりのオリジナルソースをつける
⑬急須に入れた献上加賀棒茶をつける
⑭協議会指定のパフェグラス、受け皿(九谷焼)、ソースカップ(九谷焼)、急須、コースター、棒茶カップ、スプーンを使用する。協議会指定のレイアウトにする
⑮協議会指定のスプーン袋を使用する
⑯料金は980円(税込)以下とする

プロデューサーが語る「加賀パフェ」

「1泊2日3湯4食」作戦の「喫茶メニュー」の位置づけ

「加賀パフェ」は、2つの意味で「ふつうのパフェ」ではありません。まず、必然性のあるパフェだからです。「加賀パフェ」は、加賀市が推進している観光戦略「加賀市内の回遊性向上に向けた1泊2日3湯4食作戦」に基づき、「3時のおやつ=喫茶メニュー」として開発しました。「1泊2日3湯4食作戦」とは、加賀温泉郷のどの温泉地に泊まろうとも、山代温泉・山中温泉・片山津温泉の3湯に入浴してもらい(3温泉には、それぞれ安く入浴できる魅力的な日帰り温泉施設がある)、食事は宿の夕食・朝食に加えて市内でプラス2食を楽しんでもらおうという内容です。具体的には、初日は3時のおやつとして「喫茶メニュー」を楽しんでもらい、2日目の昼食は「ご当地グルメ」を味わってもらうというもの。つまり、4食とは、1日目(喫茶メニュー+宿の夕食)+2日目(宿の朝食+ご当地グルメ)です。
 ご当地グルメに関しては、2015年4月1日、「加賀カニごはん」が誕生しました。「九谷焼と山中漆器の器に盛り付けた、上品な香箱ガニ(雌ズワイガニ)おもてなし膳」で、予約しないとなかなか食べられないプレミアムなご当地グルメとなっています(2016年2月、内閣府後援の「ふるさと名品・オブ・ザ・イヤー」ご当地グルメ部門を受賞しました!)。
  今回「加賀パフェ」が誕生したことによって、「1泊2日3湯4食作戦」の商品ラインナップがすべて出揃ったのです。
 次に、地場産食材に徹底的にこだわった「地産地消パフェ」だからです。加賀市はブロッコリーや味平かぼちゃ等の加賀九谷野菜を売り出し中です。これらの地場産野菜を使ったブロッコリーアイス・味平かぼちゃアイスや温泉観光地ならではの温泉卵、地米のポン菓子などを使った、実にユニークな「地産地消5層パフェ」に仕上がっています。もちろん、伝統工芸の山中漆器(半月型お盆)と九谷焼(パフェグラス皿・ソースカップ)も活用しています。
 「3時のおやつ」としての喫茶メニュー「加賀パフェ」が、加賀市の食ブランド向上に貢献できるかどうかは、加賀市民の地域を思いやる愛情にかかっていると思います。「加賀カニごはん」同様、「加賀パフェ」でお客様をOMOTENASHIしていただきたいと思います。(談)
 

ヒロ中田

空飛ぶご当地グルメプロデューサー
(じゃらんリサーチセンター)
「加賀カニごはん」「加賀パフェ」など、全国で70以上の新・ご当地グルメをプロデュース。

  ヒロ田中
加賀カニごはん